FC2ブログ

BOYS in RED

浦和レッズのこととF1のこととか。その他いろいろ。 小説の書評、映画・ドラマの考察も。(ネタバレ注意)
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 邦画 時をかける少女 ]
2007-08-05(Sun) 00:23:53
結構好きな映画だった。

<あらすじ>
踏み切り事故を契機にタイムワープしてしまう能力を手に入れた高校2年生の真琴(ジャケットで跳んでる女の子)。真琴はくだらないことにタイムワープする能力を使い続けるが、だんだん運命の歯車が狂っていき…という感じ。


正直、見る前はアニメでしょ…って半ばバカにしてたけど、ルパンみたいな感じ。

難解な設定なのに、明快なストーリー。そして、深く読める奥深さ。

原作を読んだ友人曰く、原作をほとんど感じないって言ってたケドね。実際、原作者の筒井康隆はシナリオを読んだ後に快諾したらしい。気になったから、その日のうちに原作を読んだけど…(このことは、また後で)友人の言うとおり、原作とタイムリープするって設定が同じってくらいだね。

見終わった後、いろいろ話し合ったケド…実際は、叔母さんってのが原作に出てきた人で、その後の世界って設定らしい。…これで、推測してたことが揃っちゃうわけだけど。

実際に、過去から未来という時間軸を狂わすことで、現実世界の狂わせることの出来ない時間軸の大切さってのが表現されていて、感動できる作品だった。

そこに、青春とか恋とかが加えられて深みが加わってるのだろうけどね。

アニメという形をとることで、出演者の演技力が必要なくなって、この映画の持つ難しい感情の表現が監督の思い通りになってるんだろうな。ってのも思ったけど。その点は、実写に勝るんだろうな、アニメってのは。
スポンサーサイト
映画TB : 0CM : 3
…うーん。HOMEお祭り

COMMENT

  +
おっとここにも次元を超えようとするものが・・・
b y U-no | 2007.08.05(01:33) | URL | [EDIT] |
  +
>U-no
誰かさんじゃないんだから、大丈夫だ。
b y れーまん | 2007.08.06(20:28) | URL | [EDIT] |
b y | 2008.09.15(09:28) | URL | [EDIT] |

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://boysinred.blog60.fc2.com/tb.php/160-5f915657



copyright © 2018 BOYS in RED. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。