FC2ブログ

BOYS in RED

浦和レッズのこととF1のこととか。その他いろいろ。 小説の書評、映画・ドラマの考察も。(ネタバレ注意)
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ リリィシュシュのすべて 邦画 ]
2007-03-17(Sat) 02:32:01
インターネット上の小説が原作。岩井俊二監督が14歳の中学生を見事に描いた作品。Salyuがリリイシュシュとして音楽を提供、音楽監督はSalyu、ミスチルなどを手がける小林武史。

舞台はとある地方都市。中学校でいじめを受ける雄一はエーテルを発するリリイシュシュだけを生きがいとし、ファンサイト『リリフィリア』を開く。そこの掲示板で『青猫』と名乗るリリイシュシュファンに出会う。

中学では、万引き、いじめ、援助交際とさまざまなことが行われており、全編にわたり現代社会における闇の部分を浮き彫りとしている。

イメージソングとして、いたる場面にドビュッシーの音楽が使われている。

全体の長さが2時間26分と異常な長さでもある。

出演 市原隼人 、忍成修吾 、蒼井優 、大沢たかお 、稲森いずみ


そうね…最後まであんまりよく分からなかったような気もする。
だけど、なんとなく分かったような気もする。

それは、まだ俺が若いからなのか、とも思う。例えば、30歳とかになってこの映画をみたら懐かしく感じるかもしれない。だけど、俺は周りで万引きが、とか援助交際が…なんてこんな経験をしてない。だから懐かしいと思わない、今と同じ気持ちでいるかもしれない。そこらへんは未来の俺にしかわからない。

だけど、いまの社会にはこんな闇も少なからず存在はするはずだ。

この映画は、現代社会における中学生の心の闇を素晴らしく映し出しているんだけれどもね。だからといって10代の人間が見て楽しめるか…といったらそうでもないのではないかと思う。

しかも長すぎる。もっとまとめなければ、だんだんと関係を見失う。1本の映画として、世界が広すぎである。



なんとなく…Salyuの流れで見てみた映画ではあったんだが、ね。

やっぱり暗い映画だから、ときにはコミカルな場面もあったりして。ちょい役に豪華な人が出てたりして。GOOD LUCK!!!で柴咲コウの姉役をやった市川実和子とか、稲森いずみ似のお母さん役として稲森いずみがでてきたり。だけど、全体的に暗すぎる映画に留まっちゃった印象。

暗いから…余談のコーナー。蒼井優余談シリーズ第2弾。(第1弾はここ
この映画、蒼井優の映画デビュー作。このときから演技力は光るものがあったんだろうと思わせられる。
2001年の作品だから、このとき15、6歳。俺より年下じゃん…(笑)
出演時間はそこまで長くないけど、一番重要といってよい脇役。援助交際で稼ぐ中学生を演じる。性格が、設定上ドSだったり…今はイメージ的にできないだろうなという役かな。 はい、余談終わり。

それじゃ、また。
スポンサーサイト
今日のレンタルDVD/ビデオ映画TB : 0CM : 0
YUIがニューアルバムを出すみたいHOMEとなり町戦争 邦画

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://boysinred.blog60.fc2.com/tb.php/124-5f234947



copyright © 2018 BOYS in RED. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。